ブログトップ

タイトルなし

e0117503_252188.jpg


e0117503_255242.jpg


この一週間でずいぶん春めいてきましたね

土手の野芝も蒼蒼としてきました

我が家と言えば特に変わりはありません一応みんな元気です・・・かね?

e0117503_2103654.jpg


e0117503_2105980.jpg


e0117503_2121460.jpg


でも、やはり気になるのはモコ

e0117503_2144121.jpg


写真に撮るといつもこんな顔しているのですが病人だと思うといつものこんな表情も

病人ぽく見えてしまいます、ま〜病人なんですけど

e0117503_2183853.jpg


昨日と今日のモコを比べてみても見た目は全く変わりはありません

毎日見ているので逆に気づかないのかもしれませんが

熱も無く食欲もあり散歩も行く気まんまんです。

e0117503_219418.jpg


しかし、一週間のスパンで見るとやはり出来ていた事が少しずつ出来なくなってきています

例えば、介助をしていても先週までは数十秒立つ事が出来ていたのに今では足の位置を定位置に

してあげて数秒間立っているのがやっとです。

そして、二日ほど前からオムツの復活です。と、言う事は排泄の方も自分でコントロールが出来なく

なって来ていると言う事、立てなくなったり転移をしたりはいきなりやってきますが、こうした日常に

関わる機能は気づかぬように少しずつ、でも確実に奪って行く  たちの悪い病です。

でも、モコにとって一番毒なのはこうした変化にモコが親だと思っている我々の動揺がモコに

感じ取られてしまうこと 

家の中の敷物が汚れようが床が汚れようが匂いが出ようが一切かまいません 排泄物が出ない方が

怖い事なので、オムツ替えの時などどうしてもお腹を多少圧迫してしまいます そうすると尿が出て

しまう事が多々あります そんな時はニコニコしながら「やったね〜モコ!ちゃんとオシッコできたね〜」

と頭を撫でて褒めてあげるのです 汚れた所は後でチャチャーっと掃除すればいいんです

そして、お尻やお腹の周りをきれいに拭いてあげると目を閉じて気持ち良さそうに体を預けてきます

犬にもプライドがありますからね今まで出来ていた事が出来なくなって尚かつ飼い主に叱られたら

鬱になり痴呆になりもともとの病はどんどん悪化なんて言う悪循環は絶対にさせてななりません。

ただ、心配なのは僕の顔をご存知の方はどうなんでしょうか?僕の作り笑いモコにばれませんかね〜?

今の所まだモコに察知されていないようですが苦手なんです作り笑い もちろん心から褒めてあげて

いるんですよ、でも笑顔がヘタなんです。それがちょっと心配

そして、モコの一連の行動や作業をかぶり付きで見ているロコやビートが「あれれ?床でチッコOKなんだ』

と変に誤解してあっちこっちでジャージャーされたらたまったもんじゃありません 特にビートはネェちゃん

達を見て育っていますのでこっちの方が楽だと思ったらすぐにコピーしますから気をつけねば・・・です。


そして3連休にするはずだった3台分のタイヤ交換も色々と小忙しくて一台しか出来てません

最近の車は空気圧センサーなるものが付いていて何だかややこしいそうなので後2台ディラーに頼もうかな

サザンのライブをBSで見てたら時間がどんどん過ぎてちょっとめげました・・・でわまた。
by locomocobeet | 2014-03-24 03:45 | 楽しい介護生活(やさしい時間)