ブログトップ

感謝

e0117503_18285129.jpg


IG、FB、ブログ等にモコへの沢山のお悔やみや私たちに対する激励のコメントをいただきまして

本当にありがとうございます。

また、モコのために遠い所ご自身でお花を届けて頂き遺影の前で涙してモコの事を悔やんでくれたり

涙ながらに電話を頂いたりと、ワンコを大切にする人はどうしてこんなに優しくなれるのかと思うと胸が

痛いほど熱くなり感謝の気持ちでいっぱいです。


私たちは、この一年間モコの世話をするにあたりそれまでモコに頂いた形に出来ない大切なものや

何百回、何千回と私たちを笑顔にしてくれた事への恩返しのつもりで接してきました

ですから、これまでに世話をしながらキツイとか苦しいとか面倒くさいとか一度も思った事はありません

ただ、モコに対して募る思いを言葉に代えれば後悔と自責の念しか思い浮かびません

「父さんよく頑張ったよ」と言う言葉を頂けるのは嬉しい反面もっと一緒に居たかったしもっともっと

手を掛けさせてもらいたかったと言うのが本心です

なぜならば私たちはまだモコから頂いた十分の一も返せてないような気がしてならないからです

それを思うと悔しくて悔しくて年甲斐も無く感情が溢れて来て言葉になりません

この組織球性肉腫と言う病を患うとはやい子で10日ほどで亡くなる子もいれば抗がん剤などが合って

2年以上頑張る子もいるそうです、しかしこの病に関する話を色々総合してみると抗がん剤を使わずに

いた場合の半年生存率はかなり低くなるそうです そんな中モコは一年間も良く頑張ってくれました

その意味で言うとこの病を患った当初「我々に勝ち目が無いのならせめて引き分けぐらいには持ち込め

ないか」という当初の目標は確信は持てませんが達成できたような気がします

そしてそれは、私どもに対し日々励ましと応援のメッセージを寄せてくれた皆様と陰ながらご指導お教授して

頂いた方々のお陰だと感謝しております 改めて本当にありがとうございました。


残されたロコとビートに対しては「君たちの大好きなモコちゃんを父ちゃんと母ちゃんは助ける事が出来

なくてゴメン」という気持ちでいっぱいです

これまでの一年間彼らには少なからず色々な面で我慢を強いてきました  これからはこれまでの分を

取り返すべくモコの分まで全力で愛情を注ぎ もし仮にまた同じような事があったとしてもモコと同

様或はそれ以上の事が出来る様にまずは、気持ちの部分を立て直し

この愛おしい大切な2つの命としっかり向き合い最後まで責任を全うする事をモコに誓って日々

暮らして行きたいと思います


尚、モコの病を案じて頂いたお守りやお札はモコの闘病中最強の結界を張ってくれたものと信じて

おります、そのお守りやお札はモコの四十九日と共に今生の役割を一旦終えさせて頂き、また再び

お空でもモコをしっかり守って頂くべく然るべき所に感謝の気持ちを込めてお納めさせて頂く事を

ご了承よろしくお願いいたします。

おそらく今頃モコは、頭に花を咲かせ麻痺のとれた足でしっかりとルンルン気分で虹の橋を渡り終え

その先にある虹の橋村の入り口で諸先輩方の検疫を受けている頃だと思います。

諸先輩方へ たいした物を持参させませんでしたがどうぞモコをよろしくお願いいたします

父からの最後の願いです          ロモビー父
by locomocobeet | 2014-05-16 21:32 | わんこ