ブログトップ

ロコ 肝細胞癌?




e0117503_00051775.jpg
「?」マークをつけたのはその疑いが濃厚なのとまだ確定診断が出ていないため「?」マークをつけました。

e0117503_00064220.jpg
経緯は、そもそも尻尾に出来た脂肪腫が最近出血が多くなり少し悪化が進んで来たので今まで医師の

指導のもと家で治療をしていたのですがこれ以上は家庭内での治療は無理と判断し、切除する旨を医師に相談

し、それに向けてのスケジュールを立てていた矢先に術前検査で肝臓に約9cm×5cmの腫瘤が見つかりました。

これにより、尻尾にできた脂肪腫の摘出手術は一旦取り止め肝臓にできた腫瘤の検査をメインに進めることになり

ました。

そして今日、肝臓のどこの位置にその腫瘤があるのか?また転移はないのか?などを詳しく調べるためCT検査を

して来ました。

e0117503_00062645.jpg

結果。

肝臓以外他の臓器への転移は見つかりませんでした。

しかし、肝臓にできた腫瘤が肝臓の元に近い大動脈に近い部分にあり当医院では摘出不可能との診断。

我が家が通っている病院は都内でも結構知られた病院なのですが、リスクが高すぎて手術ができないと判断されました。

術例の多い大学病院などでもう一度検査を行い切除出来るかどうか・・・も一つの方法として提示してもらいましたが

何れにしてもかなり高いリスクを伴います、との事でした。

ロコ自身今は何も自覚症状がないのですがロコも大型犬としては高齢な12歳5ヶ月、いくら大学病院とは言え信頼関係も

何もない病院で一発勝負の賭けのような手術を行うのは正直言って怖い。

そして我が家が下した結論は、その腫瘤が良性であろうが悪性であろうが摘出が困難なのであれば手術はしない、

と、言う結論に至りました。

このままの状態で寿命の全うを選びました。

e0117503_00075659.jpg

もちろん、それ以外の出来ることは何でもやります。まずは医師と相談し毎月なのか隔週なのかはわかりませんが

腫瘤の大きさなどをモニタリングしながら今後の治療方法を考えていきたいと思います。

e0117503_00055235.jpg

で、結局しっぽにできた脂肪腫ですが当初の予定通り摘出することになりました。今後は、

ロコがニコニコでいられる時間が少しでも長くいられるようにそしてモコの時のようにまた家族みんなで

頑張ります。






by locomocobeet | 2017-05-27 01:24 | わんこ