<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

タイトルなし

今日は久々のドピーカン、日中は汗ばむほどの陽気

デブにはキツイ25度超えの夏日でした

e0117503_234579.jpg


6時30分の夕景
久しぶりにこんな綺麗な夕日を見たような気がします。
e0117503_2365841.jpg


相変わらず早起きは苦手なのでこの時期散歩はちょっと人が多いけど

この時間がベストかな、日が長いのは助かります。

e0117503_2401234.jpg

e0117503_241514.jpg


明日からまたちょっと忙しくなります

午前中はビートの献血と午後からはモコの検査

またちょっと気の抜けないトイレ管理が始まります

明日は3頭の内2頭は安静にしてなきゃいけないからね。よかった〜〜今日は散歩に行けて
by locomocobeet | 2013-06-28 02:50 | 散歩

e0117503_095787.jpg


病は気から・・・ワンコにも言えるような気がします。

家にいる時と散歩に出た時の目の輝きがまったく違います

e0117503_0142178.jpg


e0117503_0145577.jpg


e0117503_0152276.jpg


e0117503_0163667.jpg


e0117503_017835.jpg


e0117503_0174291.jpg

散歩に出るのが待ちきれない双子の図

e0117503_019374.jpg


e0117503_0194680.jpg


e0117503_020747.jpg


でわでわ〜
by locomocobeet | 2013-06-27 00:22 | わんこ

モコの検診

6月22日、今日は午後からモコの検診の日です

午前中はロコとビートのトリミング

e0117503_016497.jpg


さっぱりしたね。

そして午後からモコの検診のため病院へ

e0117503_020040.jpg

体調は熱もなく食欲もあり体重の減少もなく至って良好、高さ50cmほどあるベッドの上にも

一発で登れます。

血液検査の結果は白血球の数値は抗癌剤投与以前の値に近い数値が出ていましたので少しホッと

しました。

ただし皮膚に少し炎症が見られるためまた抗生物質と軟膏そして薬用シャンプーをだしてもらう事に



そして、今日から例の高濃度ビタミンC点滴療法がはじまりました。

所要時間は約45分ほど、最初は低用量から始めます、7.5mlだったかな〜?ちょっと忘れちゃい

ました。

帰宅後、体調に変化はなし、と言うのはいい意味で良好な状態を保っていると言う事です。

そして頂いた薬用シャンプーでモコを洗濯、今日はモコにとっては受難な日となりました

e0117503_1381770.jpg


モコのキライな事No1(病院)とNo2(シャンプー)が立て続けに行われたのですから

e0117503_1362259.jpg


そうりゃこうなりますよね、疲れてヘロヘロです。

それでも嫌々ながらおとなしくやらせてくれるので助かります

e0117503_1411133.jpg


これも嫌々ながらさせてくれます(笑。・・・露骨に顔に出しすぎ






さて、そんなモコのために多大なるご支援を頂いた事につきご報告させて頂きます。

e0117503_1491875.jpg


e0117503_149161.jpg


e0117503_150518.jpg


e0117503_1502792.jpg


本来であればこういう形ではなく一つ一つに対しきちっとお名前を出し御礼と感謝の言葉を添えて

掲載させていただくところではありますが、お名前を出せばこの狭いレトリバー界何方でもご存知な

方々ばかり故、当ブログにお名前を出した事による様々な影響を考慮しこのような形にさせて頂き

ましたことをお許し下さい。


頂いた数々の品々はわざわざその場所に行ってモコのために祈りを捧げてくれたものや

モコの体をへの負担を一番に考慮しどれもどんな治療とも併用出来、また副作用などは

一切ないというものばかりで、しかもこの度頂いた品々の方々はみなさん大切なご自身のワンコが

大病を経験された方々ばかりで、それだけでも十分説得力がありすべて経験による実績があるもの

ばかりなのです。勿論ありがたく毎日使用させていただいております。

科学的な裏付けの元、週に一度の病院の治療は治療として今後も当然続けて参りますが、今こうして

モコが良好な状態でいられるのはみなさんのご厚意により普段家庭内で出来る最善なものを頂いた

事によるものと深く感謝いたしております。

そしてこうしたご厚意により今ロモビー家が支えられていることとても幸せに思っています

いつなのが起こるか分からない状態は常につきまといますが

今後もモコの身体と相談しながら良いと思ったものは化学療法からおまじないまで何でもやっていこう

と思っております 改めてありがとうございました。
by locomocobeet | 2013-06-23 03:06 | わんこ

ビート

我が家のビート君
e0117503_15232284.jpg


性格は、明るく活発でストーカーチックそしてロコが怖い・・・と言ったところ

普段ロコモコと遊んでいると「オレと遊べーー!」と言わんばかりにかならず間に割って入ってきて

ロコに怒られたり、またか〜ちゃんと夫婦で会話をしているとウグゥウグゥ言いながらボールを

持ってきてまたココでも「話何かいいからオレと遊べーー!」と会話を遮るかのようにわってはいってきます。

ところがこの2ヶ月あまり(モコの病がわかってから)というものそういう行動が失くなったとは

言いませんが明らかに激減しました。

通常、モコに手をかけているとオレもオレもと必ず同じ事をせがんくるのですがそれも殆ど

しなくなりました。

そして聞き分けもすごく良くなっています、以前だと家の中でオモチャの引っ張り合いやガウガウ

ごっこなどをしていると何度か静止しないと収まらなかったのが今では「ビート」と一回名前を

呼ぶだけでピタリと止まり後は切なそうな顔でその場にとどまります。

何と言いますか?いわゆる良い子なのです。

よく犬は体の異変を臭いで嗅ぎ分けるといいます、現にガンを嗅ぎ分ける犬もいるほどですから

もしかしたら我々より以前にロコやビートにはモコの異変に気づいていたのかもしれません。

そしてこの2ヶ月間、モコに対する僕達の手のかけ方や集中する時間、普段の目線、会話の中で

の話すトーンなどをビートなりにくみ取った上での一連の良い子的な行動なような気がします

穿った見方かも知れませんが、ビートなりにモコに負荷をかけないように遊びたい衝動を抑え

我々がモコに集中出来るように一歩引く、と言った思いやりのようなものが感じられました。

いくつになってもワチャワチャで自己中で元気だけは

何時でもバリ3の男、それがビートの良いところだと思っていましたが、コノ2ヶ月間でビートの

本当の優しさが実感できたような気がします。

e0117503_16314251.jpg


今思えばバットで頭を殴られたようなアノ衝撃的な診断以来、重苦しかった家中の空気を

持ち前の明るさでひと時でも明るくさせてくれたり、傍らにスーっと来てちょこんと座り

何十分も無言で体を撫でさせてくれたりと・・・ビートの優しさと明るさにはこの2ヶ月間本当に本当に

助けられました。ビートがうちの家族になってくれて神様に心から感謝しています。

まだ、よくてドローしかない戦いは始まったばかりだけどこれからもたのむぜぃビート。
by locomocobeet | 2013-06-20 16:53 | わんこ

ワンコトイレ解禁

夕暮れ時、雨も上がりここぞとばかりに散歩に出ます

e0117503_151890.jpg


ゆっくりテクテク歩き散歩
e0117503_175146.jpg


e0117503_184119.jpg


e0117503_1101351.jpg


30分ほどフリーにさせて帰宅します。



そして今日は抗癌剤投与後10日が過ぎましてワンコトイレの解禁です。

「ワンコトイレの解禁?なにそれどういう事??」・・・ですよね

家を2年半ほど前に新築した時に人用トイレの横にワンコ用トイレも作りました

ペットシートが敷けて床を水洗いできる程度の大したものではありません。

e0117503_1205197.jpg

(普段の扉がオープン状態)
ビートが使用していますがこんな感じのものです。

普段ココは、寝室、リビング、玄関と三方を各扉一枚で行き来出来るようになっていて

いつでもワンコが排泄したい時に常に出来るようにかならず何処か一方の扉をオープンにしてあります

スペース的には45cm×60cmのシートが3枚ほど敷ける広さ、ですから仮にロコがオシッコをした

あとでも空きスペースにその後ビートやモコがしてもある程度余裕があったので慌ててシートを交換

する必要がなく、小まめにトイレの中を覗いて汚れていれば交換すると言う形でしたが、モコが

抗癌治療をするにあたって、主治医から「抗癌剤を飲ませてから10日間は排泄物には十分気をつけて

ください」との事でした、どういう事かというと抗癌剤を飲んでいる犬から排泄される物は抗癌剤を

飲んでいない犬や人にとっては有害だと言うことなのです、抗癌剤の種類によっては1〜2日で有害な

物は排泄されなくなるという物もあるそうですが、モコの飲んでいるタイプは10日間はダメですよ

というもの、したがって今まで何時でもフリーにオシッコやウンコをしていたのをそれによって

10日間はワンコトイレを完全に管理しなければなりません。具体的にどう有害なのかはよくわかりま

せんが、もし仮にモコが排泄した後にロコがそれに触れて何かがあってからでは間に合いません

ですから、必ず仮にロコが排泄したら一定の処理作業が終わるまではこのスペースからは出れないよう

にし、またその間このスペースに他の犬が入れないようにします。犬は他の犬の排泄物を嗅ぐ習性があるので

これに関しては十分気をつけなくてなりません

この10日間に関しては「ついうっかり」では済まされないのです。これも多頭飼いの難しさ

の一つなのでしょうかね。

e0117503_2172813.jpg

(扉を全部閉めてこの廊下から何処にも出られない状態)

では、どのように管理するのか?

食後や寝起きなどのタイミングを見計らってトイレにワンコを誘導する事、そして

何時でも入れないようにし、入ったら全ての処理が終わるまでこの場所から出られない状態にする事

おおまかに言ってこの2点

e0117503_2395658.jpg


全ての処理とは?モコが排泄した後にこの様にビニールの手袋使い まず濡れたタオルでおしり周り

とシッポそして足裏などをキレイに拭き、排泄されたシートは勿論その後歩いた場所のシートも全て

交換します、最後に廊下部分を水拭きし使用したタオルや手袋なども一回一回処分して終了

この10日間は抗癌剤を飲んでいないロコやビートも同じような処理を行いますが手袋は使いませんし

タオルもその都度廃棄しません

トイレを写した写真に白いゴミ箱と黒いゴミ箱の2つ確認できると思いますが人が間違えて排泄物に

触れないようにゴミ箱も10日間はロコビート用とモコ用とでは分けなくてはなりません。

なんだかこんな風に書くとトイレ一つにしても大変だな〜という人もいるかも知れませんが

先日もブログにも書いたように既に覚悟も準備も心構えも出来ていますので今のモコの頑張りと

健気さとそして辛さに比べたら抗癌剤投与後のたかだか10日ほどのトイレ管理などどうって事ありません

ただ今までラフに暮らしていましたの最初は多少ピリピリしましたが10日が過ぎれば普通に生活

出来るわけで、トイレ管理している10日間も犬同士の接触もOKだし飲水の器なども分ける必要が

ないのでまったく大変ではありません

ただ、こういう情報が僕の拾い方が悪いのか?あまりヒットしないんですよね〜

こんな事書きたくないという心情が働いてしまうのですかね〜・・・それもまた理解出来ますけど

でもま〜今日で10日が過ぎて一応また以前のようにロモビーの共同トイレとしていつでも使えるように

なりましたので、というお話でした・・・ではまた
by locomocobeet | 2013-06-17 03:46 | わんこ

モコの検診

毎日ジメジメしていやですね〜

我が家のこやつらも外に出ることも出来ずボチボチストレスが溜まってくる頃

でも、こればっかりはど〜にもなりません

昼も
e0117503_2238242.jpg


夜も

e0117503_22382627.jpg


まったりするばかりです。



さて、今日のモコですが、抗癌剤投与後8日が過ぎました、倦怠感は若干あるものの

食欲もあり体重も0,5kgほど増え元気もそこそこあります。もともと動かないタイプなので

こんなもんかな〜って感じです。

そして今日は、病院で血液検査です

e0117503_2248349.jpg


想定内とはいえやはりガクッと白血球の値が下がっていて

感染症などを起こさないように抗生物質を処方されました。

そして、来週末から先日ブログにも書いた高濃度ビタミンC点滴療法を開始します。

もともとこの治療は、アメリカやカナダで人へのがん治療として行われている治療法で

簡単に言うとそれを犬に応用するということです。

そして、この治療を行うには病院側がライセンス取得しその後、ワンコの赤血球の検査が行われ

問題がなければアメリカから添加物の入っていない高濃度のビタミンCの薬剤を輸入するというもの

したがって、4月30日にこの話を病院長にしてから1カ月余り少し時間がかかりましたが自分が

考えていた予測よりはかなり早く治療を開始することが出来るようになりました。

主治医(病院長)の素早い対応には感謝しております。しかし、主治医の話では未だに確立された

治療法ではないのとこの病院では初めて行われる治療のため期待はしているが効果は未知数との事

僕の調べた限りでもこの治療法は関東でもまだ数えるほどの施設でしか行われていない治療法です

しかし、だからと言ってこの治療を行うに当たってダメで元々等という気はさらさらありません

化学療法とも併用して行え、抗癌剤の副作用も軽減でき、尚且つ抗癌作用も高いと言う事で

我が家としては期待度は高く更に言うとこれにかけているといっても過言ではありません。

週に1度、約1時間ほどのこの高濃度ビタミンC点滴治療、今は効果の程を祈るばかりです。

追記

この治療を知るにあたり以前より親交のある広島のワン友さんバビルー家に教えて頂きました。

正に我が事のように色々と調べて頂きましたこと感謝の極みです。ありがとうございました。

そしてこの治療に関して詳しいことはDr-wanwan.comに分かりやすく掲載されていますので

ご関心のある方は上記のサイトを見てみて下さい
by locomocobeet | 2013-06-14 23:43 | わんこ

術後1か月がすぎ

今週に入ってお江戸も随分と梅雨らしく本来の気候になってきました。

それと同時にこの時期家中漂うみょ〜〜〜なニホイ、

モップをかけても一日に数回ファブってもなかなか消えない獣臭
e0117503_13542126.jpg


普段一緒に暮らしている自分でさえ「うっ」とくることがあるのだから時々来る

宅配業者さんやお客さんなどが来た時は玄関をガラッと開けて思わず息をとめたくなるような

思いを我が家に来た時はするんですかね〜?また犬って玄関とかすきなんですよね〜






さてさて、モコも術後一ヶ月ほど過ぎ 抗癌剤投与後5日程過ぎました

熱もなく嘔吐もなく所謂副作用的な事は見受けられません、食欲もあり排泄も快調です。

少しだるいのかな〜と言う時もありますが僅かながら体力も回復しつつあるのかな〜

と言った感じです



e0117503_14102089.jpg


現在モコは8歳半、若いことは比較になりませんが元気度を表す単純な比較として

去年の今頃を100とすると今現在は20ぐらいといったところでしょうか

大病を抱えこれから年をとるに連れて「去年の100に戻ってくれ」というような過度の期待は

しませんしモコにも要求はしません、もっと言うと現状維持でも構わないとおもっています

モコのペースでゆっくりと健やかな日々を送ってもらえればそれでいいのです。

我々は(あまり好きな言葉じゃないけど)飼い主としてフォローに徹するのみと考えています。

ただそんな元気度20のモコでも散歩に出ると少しづつモコらしさが垣間見られるようになってきました

e0117503_14435786.jpg


e0117503_14442436.jpg


e0117503_144577.jpg


この時は多分元気度35ぐらいまではあがっていたのでは無いかと思うぐらいご機嫌でした

もう何百回も来ている殺風景な土手なんですけどね〜ワンコも嬉しんですね

なんたって地元だもんね

e0117503_14565117.jpg


e0117503_14572038.jpg


e0117503_151397.jpg


とはいってもムリは禁物

ロコとビートにはすこし物足りない感はあるようですが30分ほどでこの日は帰宅

e0117503_15213578.jpg

帰宅後は家でゆっくり安静です。

ゴールデンレトリバーの中でもどちらかと言うとユルいタイプのモコ

ありがたいことに安静にするのは得意です、これには助かります。

でもま〜改めて言うのも何ですが・・・

多少お行儀が悪かろうがヤンチャであろうが「普通」にメシをガバガバ食ってグ〜グ〜寝てくれるって

本当に嬉しいことなんだなってつくづく思いしらされます「今更かよ!」って突っ込まれそうですが

「普通」ということがいかに大事なことか本当によく見えてきます、すべてがこの「普通」上に

成り立っていると言うことを実感させられる今なのであります・・・では
by locomocobeet | 2013-06-12 16:02 | わんこ

術後25日目のモコ

AKB48総選挙では指原莉乃が一位になりましたね

NHKや一般紙にまで掲載されるほど盛り上がりを見せたようですが

「もっと他に報道しなければならない重要な事があるだろう!」と思うのは野暮ってもんですかね

ある問題から島送りになり今回の総選挙で一位になったサシコ、この下克上をにんまりしながら

テレビを見ていたであろう◯◯パパさんの顔が思い浮かびます・・・笑。



さて、昨日我が家は・・・

e0117503_12571995.jpg


ロコとビートはトリミングに行って来ました。

e0117503_12584254.jpg


モコはアンダーコートを取ってあげました、半分しか毛がないから楽ち〜んと思っていたら

取れるは取れるはであっという間にレジ袋は満タンになっちゃいました。

暫くの間ケアしてあげられなかったからね

術後25日目のモコは・・・?


e0117503_1341780.jpg


食欲も元気もありいつものモコと変わりません

が、普段からあまり活発な方ではなく今までも他の2つに比べると運動量が3分の1程度のモコで

あるが故に倦怠感から寝ている事が多いのか?それともいつもの行動なのか?の判断が難しいです。

e0117503_13121726.jpg


家中自分の好きなところに移動しながら今日は静かな休日を送っています

e0117503_1313372.jpg


e0117503_13135336.jpg


e0117503_1314187.jpg


抗癌剤を投与して2日目症状が出始まるのはこれからなので注視しなければなりませんね

では・・・

More
by locomocobeet | 2013-06-09 13:24 | わんこ

ご報告

我が家の可愛い担当のモコについてご報告させて頂きます

e0117503_21174442.jpg


4月19日に行った年に1回のドッグドックで肺に影があるのが確認されました。

レントゲンの画像を見る限りでは約5cmほどの腫瘍らしきモノが確認されるとのこと

その後、様々な角度で検査を行い4月30日告知されたのが組織球性肉腫である可能性が

極めて高いとの診断でした。これまでモコに自覚症状が全くなかったため気が付きませんでした。

よって、5月14日に手術を行いました。当初、5cmぐらいの腫瘍との見立てでしたが

切って取り除いてみたら10cmほどあったそうです。

手術により取り除いた腫瘍は確定診断のため現在アメリカの検査機関に出し

結果を待っていると言う段階ですが何れにしても悪いものには変わりはなく転移を起こしやすい

腫瘍であることは紛れもない事実です。

医師の話では、「完治はありませんとの事」、いや〜〜久々に凹みました。

当初7日間ほどの入院とのことでしたが術後肺に繋がっているドルエンからの空気の漏れが止まらず

結局3週間の入院となりました。

しかし、結果的にこの長引いた入院期間のおかげで我が家に精神的な落ち着きとこの病とどのように

向き合っていけば良いのかと言うことを考えさせてもらえた貴重な期間だったように思えます

何しろ術後一週間ほどは、家の中の空気も重く心配で心配で何にも手につかないような状況でした

しかし医師の「完治はありません」という言葉に術後一週間、凹むだけ凹んだら、頭の切り替えも

スムーズに出来 この病に我々に勝ちがないのであればせめて引き分けぐらいには持ち込めないか?

我が家が考える引き分けとはこの病巣とうまく共存しなるべく悪さをしないように病巣が

良い子でいてくれる期間を出来るだけ長く、そして今までモコがしてきた生活の質を落とさず極力

痛みや苦しみを少なくしてあげる事・・・もちろん病巣が肺だけに様態が急変するという

リスクは常に伴っていますが、飼い主として今何が出来るのか?この長引いた入院期間に必死に

悩み考えました。

そして、医師、食育のプロ、経験者、親しい友人、書籍、インターネットと良い情報も悪い情報も

出来る限り集め良いと思われる事は何でも行う覚悟と準備と心構えができました。

この2週間あまりご助言いただいた皆様ありがとうございました、頂いた情報やアドバイスなどを

精査しどのように使用するかは最後までモコの飼い主である私達の責任でやって参りますので

今後共よろしくお願いいたします。

e0117503_2332932.jpg

手術の翌日・・・あれだけ大きい手術を行ったのに普通に元気です
e0117503_2374788.jpg

体中チューブだらけでグッタリしているのかと思ったら



e0117503_2383063.jpg

今日のモコ、傷跡もすこし目立たなくなって来ました
e0117503_23131578.jpg

e0117503_2313312.jpg

すこしセーブしていますが散歩もちゃんと行きます

e0117503_23105670.jpg

病院にて
e0117503_23112537.jpg

e0117503_23114338.jpg

今日抗癌剤を貰って来ました。

今後は赤血球の検査次第では超高濃度ビタミン療法も行なっていく予定です




以上ロモビー家からのご報告でした。
by locomocobeet | 2013-06-07 23:19 | わんこ

タイトルなし

ブログを放置している間にもう6月になっちゃいましたね〜

e0117503_19493542.jpg


梅雨は何処に行っちゃったんでしょ このまま空梅雨の方が嬉しいけど

e0117503_1952173.jpg


我が家のロモビーも変わりなくってところでしょうか

e0117503_1952594.jpg


でもま〜こう暑いとそろそろガレージプールの準備もしないとね
e0117503_19535684.jpg


特に特別の日ではないけれど

今日は我が家の兄ちゃんがローストビーフなんぞを買ってきてくれたので

君たちにもちょっくらおすそ分け
e0117503_19563349.jpg


e0117503_1957534.jpg

これから連日暑い日が続きます 皆さん熱中症にはお気をつけください・・・ではでは
by locomocobeet | 2013-06-04 20:01 | わんこ