N N N Nが仲間入り

ココ数ヶ月モコの病院通いも含め車の使用頻度がかなり高くなっています

当然日々車を使うにあたってはか〜ちゃんとバッティングすることもしばしば・・・

そんな時は当然僕のほうが折れる事になる訳で、多少の遠方でもバイクでスゴスゴ出掛けて

行くのですが、雨が降った日などは蒸れるのを承知でカッパをきて行くとこれが結構キツイっ

行き先についた頃には雨ではなく汗で全身びっしょり なんてこともちょいちょい

また最近夕方になると毎日のように雨がふってるんだもんね〜〜ったく!

でもま〜ここまではしょうがないとして、人と会うときや荷物があるときなどはバイクではどうしよう

ないことがあります。

そこで今回

NEW

NEXT

NIPPON

NORIMONO

でお馴染みのN-boxという軽自動車を増車いたしました。

e0117503_2393734.jpg


e0117503_241398.jpg


なんでもこの車売れてるらしく人気のボディカラー(ホワイトやブラック)を指定すると納期に

1ヶ月半ほどかかるらしくもともとせっかちな僕は「そんなにマテねぇから一番納期の早い色を

持ってきて」と言ったら「プレミアムブロンズパールなら今月中に納車出来ますよ」と言う事で

持ってきたのがこのお色、最初にブロンズ?と聞いた時にはもしかしてうん◯色?と思いましたが

現物をみてみると深みのある落ち着いた感じのいい色なので不満はまったくありません


それにしても昨今の軽自動車はま〜〜よく出来てますね〜

僕自身軽自動車を買うのは初めてだったのですが、仕事で一時期使っていたことがあるので

そのコンパクトさゆえの利便性はよく知っていましたがそれもかれこれ12,3年前の話 たしかあの時

は3速ミッションでAMラジオとマニュアルエアコンは付いていたと記憶しています、勿論オモステでした

e0117503_30928.jpg


それが今では

両側パワースライドドア、パドルシフト、フルオートエアコン、VSA(横滑り防止装置)そして

坂道発進が苦手な方にはありがたいヒルスタートアシスト(坂道でも下がらずにその場に1秒間

留まっていると言う機能)などなど・・・本当に至れり尽せり、軽自動車が燃費以外にも売れる

理由がよく理解出来ます。

それにしても車のナビってなんであんなに高価なんでしょう???精度は若干劣ってもナビ機能や

音楽プレーヤーならスマホでもあたりまえのように付帯されてきますよね〜そう考えると随分

ボッタクられてるな〜〜と思ってしまうのは僕だけでしょうかね〜?ってま〜いいかっ!

e0117503_3171050.jpg


今回僕が購入いたタイプはターボSSパッケージというグレード

結構力強くしかもCVTなのでなめらかに走ります、ターボにしておいてよかったーって感じですね

今の若い方はあまり知らないでしょうが、その昔軽自動車と言うと550ccで今とは違って環境なんて

ガン無視のツーストロークエンジン、ちょってアクセルを開けようものならラジオはおろか隣の人の

話し声までかき消すほどの車内に広がるエンジン音、その当時から比べるとホントに静かで快適です

もうまったく別物ですね。

e0117503_3323965.jpg

後部座席も広々です、実はこの車を購入にあたって決め手となったのがこの室内空間

全長、全幅が厳しく制限されている軽自動車においてN-BOXのこの後部座席の広さは秀逸です

ま〜その分荷室は狭くなりますがシートアレンジがけっこう多彩なので工夫次第では荷物がすくなけ

ればゴル3つなんとかイケるかも?

で、早速ワンコ仕様に

e0117503_3411094.jpg


モデルはビート君です。

e0117503_3432470.jpg


ん〜〜〜・・・ゴル3つで出掛ける時はやっぱエルグランドの方がいいかも




でもま〜、我が家が住まう下町は勿論お江戸も含め日本全国どこ行っても国道などからちょいと脇に

逸れると農道に毛が生えたような狭い道がまだまだいっぱいありますよね、そういう日本の道路事情

考えるとこの軽自動車のNEW NEXT NIPPON NORIMONOといコピーがなんだかやたらしっくりくるよう

な気がします。



ただし、軽自動車は安全基準に関しては普通乗用車よりも劣る部分があるので事故等には十分気をつけ

ないといけませんねワンコも乗ることだし・・・では。。。
by locomocobeet | 2013-07-31 04:13 | 雑記

e0117503_0333399.jpg

今回も前回同様50gを注入してきました。
e0117503_0355541.jpg


お医者さんは◯◯ccとか◯◯ml と言う単位を使わず◯◯gと言う単位を使っていたので

以前の僕の注入量に関する単位の表記は間違っていたかもしてません、ゴメンナサイ。。。

e0117503_0412952.jpg

何時もは点滴をしている間は病院から歩いて1分ほどの大型スーパーで買い出しなどをして

時間を潰しているのですが今回は「付き添ってあげてもいいですよ〜そのほうがモコちゃんも

安心していられるだろうから・・・」と言う嬉しい病院のご配慮でありがたくご厚意に甘えさせて

頂き点滴が終わるまでモコに付き添わせていただきました。

e0117503_0523795.jpg

とは言っても点滴が終わるまでの3〜40分、何もすることがないのでこんな事して

遊んでいました。時々点滴の様子を見に来る医師に笑われたりなんかして

e0117503_0552017.jpg

それでも最後までいい子で点滴をしてくれました。

でも、点滴の途中と帰りの車中ではじめてもどしました。ちょっとびっくりしましたが

点滴で気持ちが悪くなりもどすことはよくある事で心配は要らないとのことです。

そして、火曜日2回目の元気玉(培養した活性リンパ球)を注入してきます。
by locomocobeet | 2013-07-29 01:08 | わんこ

プール開き

今年もガレージプールを出しました。

モコの事や利根川水系の取水制限やらで今年は出さない方がいいかな〜とも思いましたが

モコの様態も今のところ安定してるし、ウチは利根川水系ではなく江戸川水系だし

んじゃま〜いいかっ・・・と言う事で・・・はい

e0117503_1472685.jpg


プールの設営ちう、4m×2.1m 車庫がキッチキチ

e0117503_1491916.jpg

道路側には暑さ対策と通行人の目線を遮るための葦簀をはってプール完了

この葦簀を張らないと完全に見世物と化してしまいますので

e0117503_14133592.jpg


水をはるには8時間かかりますが

でも、こうして遊んでくれるとその甲斐は十分あります



e0117503_14175433.jpg


e0117503_14182170.jpg


e0117503_14192417.jpg


ビートが一番喜んでいるかな

e0117503_14214931.jpg


おもちゃより公園で拾ってきた枝が好きな双子



安全安心で結構体力も使いしかも楽しく遊べれば外に出て熱射病に気を使い、変なものも拾う心配

もなく最近ホントによくあるゲリラ豪雨にも遭わずにすめば免疫力の落ちたモコにとっては今年も

ガレージプールをだして正解だったかな〜と思います

でも、たまにはクンクンもさせてあげなきゃ・・・ですよね。
by locomocobeet | 2013-07-25 14:43 | わんこ

夕暮れ散歩と免疫療法

e0117503_038263.jpg


ここにきてちょっとだけ日が詰まったような気がします

というのは、6時半に散歩に行くと僕の使っているミラーレスカメラだともう既に光量が足りずに

ブレブレのぼつ写真が多くなってきました。つい10日ほど前までは全然余裕だったのに

e0117503_044378.jpg

ロモビーたちはおかげさまで元気にしています。

先日、お話した免疫療法を行って来ました。

数倍に培養した元気なリンパ球を身体に戻すという例のアレです。

ガンそのものに攻撃をするという意味ではわかりませんが、免疫力を高めてガンが体内で住みにくい

環境を作り、転移や進行を遅らせる効果があるという事では期待できる治療だということなので

大いに期待します。

で、ちょっとびっくりしたのが・・・

すこし前にモコの元気度が病気前の状態を100とするとって書きましたよねー

で、だいたいその頃から比べると今は20〜30ぐらいかな〜何てことを記事にしましたが

免疫療法を行なって帰ってくるとかなり病気前の状態に近い状態まで回復するのです。

まず目の輝きがぜんぜん違います、そして伏せってる時間が短くなり積極的に自分から遊ぼうと

します、一時的な回復なのかも知れませんが「君は本当に病気なの?」と思うぐらい本当に元気に

なって帰ってきます。

勿論その元気は1週間たった今でも持続中です。

e0117503_1143992.jpg


ぬか喜びなのかも知れませんが、これを(免疫療法)やる前はこんな嬉しそうなモコの顔見られる

なんて夢にも思っていなかったので嬉しいやらびっくりするやらでこれをやる前と後ではまったくの

別犬のようでした。

血液採取と点滴を週に1回づつ交互に行なっていくので高濃度ビタミンC点滴と合わせて最低週2回は

身体に針を刺さなくてはならないので少し可哀相な気もしますが、これでモコを含め家族みんなの

笑顔が増えるなら絶対やるべき治療だとおもいます。

e0117503_1292090.jpg

明日、2回目の血液採取に行ってきます


では。
by locomocobeet | 2013-07-23 01:41 | わんこ

術後2ヶ月を経過して

e0117503_14583063.jpg

この時期定番の夕暮れ散歩の図

さて、モコの術後2ヶ月が経過しました。ありがたいことに今のモコは至って元気にしています

e0117503_1512818.jpg


日に3食(モコだけ、ロコとビートは2食)残さずブタ鼻になるほどガッツリ食べて

e0117503_1571964.jpg

しっかり排便、健康な時はさほど気にならないこうした普通の行為も病になるとこれが大事な

健康の一番わかり易いバロメーターになります。

そして、前回記事でも書いたホモトキシコロジーの薬剤がすべて揃いました
e0117503_15132957.jpg

これで約半年分 今週から3種類から6種類に強化しました

これでしばらくは保ちますが何しろドイツからの輸入のため日本に届くのに10日は見なくてはなりま

せん、天候不良や税関の関係でそれ以上遅れることも想定されるのでなるべく早め早めに注文を

入れとかないと・・・ですね。

そして、なにしろ薬剤の名前が難しいので全部こうしてカタカナをふっておかないと頭が混乱して

しまいます。また投与する薬剤によって毎日投与するものから週に2回のものや週に1回のもの、

そして、月に1回のものまで様々

故に
e0117503_1530788.jpg

このようにカレンダーにすべてその日に飲む薬剤を書いておき、例えば火曜日は何と何・・・と

いう具合に薬剤の飲み忘れや取り違いなどがないようにしておきます。

やはりこういう時は慣れ親しんだアナログが一番ですね。

このような状態を写真にするといかにも薬漬けのような感じがしますが飲み始めて1ヶ月がすぎ

ましたが副作用のようなものは一切見受けられません、また下痢 発熱 嘔吐 食欲不振 体重減少

咳 血痰 などの症状もまったく見られず至って普通の状態を維持しております

e0117503_1557593.jpg


飲ませるのもスポイドでピュッと口の中に入れるだけなので錠剤を飲ませるより楽で簡単に行なえます


また、高濃度ビタミンC点滴も次回は血中のビタミンC濃度をはかりそれによって今後量的な事や

回数などを決めていくといった段階に入っていきます

今回も肝臓の数値が若干よくなってきてはいるもののまだ通常の数値には程遠く抗がん剤治療は

できませんでしたが、こうしたホモトキシコロジーや高濃度ビタミンC点滴治療の相乗効果は

確かに出てきてるような気がします。

今まで、病巣の切除手術、抗がん剤治療、高濃度ビタミンC点滴、ホモトキシコロジーと治療を

行って来ました、明日我が家のモコにとって第5の治療と言うべき免疫療法を行なってきます。

先週採取した血液から一週間で100倍以上(1000倍という説も)に培養した元気なリンパ球を

モコの身体に戻してきます。これで悪いものが抑えられる事を大いに期待しています。

e0117503_1619113.jpg

では、また。。。
by locomocobeet | 2013-07-15 16:23 | わんこ

7月6日 モコ病院の日

e0117503_0142446.jpg


7月6日、病院の日でした。

血液検査を行い高濃度ビタミンC点滴は先週より少し量が増えて25mlとなりました。

これに関しては予定通り少しづつ量を増やし定期的に血液検査をしながら量や回数をかえていきま

ので今後も継続していくことになりますが、やはり先週に引き続き肝臓の数値が高く今週も

抗がん剤は見送りとなりました。

肝臓の数値は一度高くなってしまうとなかなか正常値には戻りづらいと言うのは人からの聞きかじり

である程度わかっていたので「ま〜しゃ〜ないな〜」と言った感じでしょうか

これまで病巣の切除手術と抗がん剤治療そして高濃度ビタミンC点滴などある程度順調に治療を

して来ましたがココに来て3歩進んで2歩下がるといったところでしょうかね

でもこんなことでは決してメゲません。

e0117503_0335713.jpg


そっちがダメならこっちで・・・ということで

ある方から教えていただいたホモトキシコロジーを来週末辺りから強化します。

抗がん剤治療が肝臓の数値がうんぬんかんぬんでダメだということであればそれはモコの意思という

事で仕方なのい事、だからと言って指をくわえて何もしないというのは我慢がなりません

先にも述べましたが先週の段階で肝臓の数値が高く正常値には戻りづらいと言うのはある程度知っていたので

その後すぐにホモトキシコロジーの日本総輸入元のヤーパンヘールさんに血液検査の結果やモコの

病状などを電話とFAXでヤーパンヘールの代表の方にお伝えしアンプル状の薬剤をチョイスして

頂いて現在ドイツから届くのを待っている状態です、それが約10日ほどかかると言うことなので

計算で言うと来週末ということになります。現在3種類から6種類になります。

そして、来週早々(もう今週か?)から免疫療法も開始します。

免疫細胞を培養するのに若干の時間はかかりますが、コチラもホモトキシコロジー同様に身体に

やさしく副作用のない治療法でどの治療とも併用して出来る治療です。

思えば4月19日、ドッグドックでまだ何も症状が出てない段階で見つけてくれた、最悪のガンと

言われる憎き組織球性肉腫しかも肺にコノ言葉をキーで打ち込むだけでムカツイてきますが・・・

せっかくその段階で見つけてくれたのだから治療が後手後手にまわっては転移や進行が早くなるだけ

なので何もなりません、それを少しでも食い止めるには先に先に手を打つ必要がある訳で

おそらく今後は高濃度ビタミンC点滴、ホモトキシコロジー、免疫療法この3本柱で治療を進めて

いくことになると思います。

ただそれがどこまで効いてくれているのかが確認できないのがもどかしい限りです。

e0117503_139167.jpg


で、今週のモコですが日によって若干の波はあるものの至って普通です。

調子のいい時はこのようにビートにプロレスを仕掛けたり歩くのもぜんぜん嫌がりません

e0117503_141204.jpg


現在コチラのブログではコメントを頂いておりませんが様々な形で皆さんからご支援ならびに

励ましのお言葉を頂きまして心より感謝申し上げます。

今、モコは皆様方からの暖かいお言葉に支えられ本当に頑張っています、どうぞ今後共あたたかく

見守って下さいますようお願い致します。
by locomocobeet | 2013-07-07 02:01 | わんこ

e0117503_1113335.jpg


6月28日金曜日、検査の結果次第で2回目の抗がん剤投与の日だったのですが

白血球も正常で他の臓器も問題のない数値だったのですが、肝臓の数値だけが異常に高く

「この状態で抗がん剤を投与すると肺の方ではなく肝臓の方で命の危険が及ぼす可能性が高いので

今週は見送りましょう」と言う事で一週間先送りになりました。前回投与した抗がん剤の効果は

切れつつあり進行の早い病気だけにちょっと心配です。また肝臓の数値もたかだか一週間で改善

されるのか?というのも危惧されるところです。

高濃度ビタミンC点滴の方は前回の倍の量15ml、これは予定通り行って来ました、これが効いて

くれるのを祈るばかりです。この日は肝臓のサプリメントを処方されて帰って来ました。

帰りの車の中ではため息混じりに「うまくいかんな〜」と言うのが背いっぱい

そして帰宅後、

e0117503_1365858.jpg


週に一度、病院に行った時だけのご褒美でミニストップのソフトクリームを食べさせて

あげるのですが(1つを3頭で食べます)大好きなはずのソフトクリームをモコだけ顔をそむけて

食べない「あれ?どうしちゃったんだろう」と思った瞬間 病院で医師が言っていた「急に食欲が

失くなったりしたらすぐに連れてきて下さい」という言葉を思い出し、「ウソだろ?」「おいおい

勘弁してくれよ」と思いつつ もしかしたら病院に行って点滴などをされて疲れて食欲がないのか?

それとも肝臓からくる影響で食欲が無いのか?その両方か?などと色々と思いを巡らせている間に

モコは、一時間ほど寝入ってしまいました。

その後、「ゴハンだよ」という言葉にムックと起き上がり出されたものは全て完食し食後のオヤツも

全部食べてくれました。いや〜〜それにしても大好きなソフトクリームを拒否した時は一瞬ヒヤリ

としましたがその後は食欲もあり排泄も普通にありますのでちょっとホッとしました。

でも、こういう時はちょっとした事でもネガティブな言葉や悪い想像ばかりが頭の中を駆け巡って

しまうもんですね〜「肝臓の数値が・・・」「進行が早い・・・」「食欲がなくなったら・・・」

「薬の効果が・・・」「命に危険が・・・」そんなワードばかりに頭を支配されてはいけないのだけ

れど吹っ切ろうとしてもしつこく頭の中に付きまとってきます。

こう言う飼い主の動揺は顔に出さなくてもワンコにはすぐに伝わってしまいますからね

病と闘う者としてもっと毅然としないといけませんね普段から







翌日

e0117503_2344353.jpg


夕方涼しくなってきてから散歩に出かけモコのペースでゆっくりではありますが

1,5kmほどを歩いてくれました。

今は、通常通り食欲もあり、熱もなく元気度30%ほどを維持しています。

e0117503_2401662.jpg


今はまだなんとも言える段階ではないかもしれないけれど

普段家庭内で出来ることは先日もUPしたご支援いただいたものをベースにやっていくとして

高濃度ビタミンC点滴療法はこれからも続けていこうと思っていますがその他の治療法については

医師などとも相談しながらもう一度考えなおす必要があるかも・・・と、ちょっと思ったりしています

が、まだわかりません

勿論モコの事を一番に考えてですけどね。
by locomocobeet | 2013-07-01 03:01 | わんこ